« それぞれの場所に旅立っても(ver.ツンデレ?) | トップページ | 口調バトンであーる!!!(ver.うろ覚えギンガナム) »

truth&doubt

ドラゴニカ最近やり始めたわ。

別に助けてもらわなくても、一人でミッションできるんだから!

パーティー組まなくても行けるんだから!

でも、ほら、なんかFPもらえるらしいから

私と一緒にミッションやりなさい!

これは命令よ!私とパーティー組みなさい!

・・・ずっとね?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ツンデレは今回も無視の方向で。

はいここからが本日の記事ですよー。

今日は友達の家でゴロゴロしてました。

ゲームやったり、マンガ読んだり、おしゃべりしたり。

多分男子はみんなこんなもんじゃないのかな?

ゲーセンとか行ってる奴らもいるけどね。

後半のほうはトランプやりました。

「ダウト」です。

まあまあ盛り上がりました。

で、ダウトにも飽きてきた僕らは自分たちで作ってしましました。

新しいトランプの遊び方を。その名も・・・

「truth(トゥルー)」です。

ようするにdoubtの反対バージョン。

え?doubtは「疑う」って意味だから、

「信じる」って意味のbiliveにするべきだって?

まあまあ言いやすいからいいじゃないですか。

ルールはほとんどダウトと一緒です。

※4人以上でやってください!

順番にカードを出していきます。もちろん1から順番に。

ここまではダウトと一緒。

でも少し違いがあります。

それは最後に手札を多く持っていた人の勝ちということ。

要は手札を集めるゲームです。ダウトと逆です。

例えば、自分が4を出す番だとします。

4が手札にない場合、何でもいいからだします。

4が手札にある場合、絶対に4を出さなければいけません。

この時、次の人は

「truth!」か「スルー」を宣言することができます。

宣言した場合、もしも出されたカードが

その番に出すべきカードであれば、

(4のカードを出す番の時に4を出していたならば)

truth成功です。

成功した場合、場にあるカードはすべて自分のものになります。

しかし、もしも出されたカードが

その番に出すべきでないカードであるとしたら、

(4のカードを出す番に4以外をだしていたならば)

truth失敗です。

失敗した場合、場にあるカードは

カードを出した人にすべて渡されます。

後はその繰り返しです。

こうして、2人くらい手札が無くなったところで試合終了。

最後にカードを数えて多かった人の勝ちです。

説明長い&分かりにくい・・・

まとめると、

・最終的に手札の多い人が勝ち。

・「truth!」か「スルー」の宣言をする。

・成功すれば自分の手札、失敗すれば相手の手札に。

このゲームやってみたい、ルールこっちのほうがいいんじゃないのという人は

コメントしてください。

また説明の記事書きます。

|

« それぞれの場所に旅立っても(ver.ツンデレ?) | トップページ | 口調バトンであーる!!!(ver.うろ覚えギンガナム) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1093472/33847351

この記事へのトラックバック一覧です: truth&doubt:

« それぞれの場所に旅立っても(ver.ツンデレ?) | トップページ | 口調バトンであーる!!!(ver.うろ覚えギンガナム) »